増田(美)会員さまのデッサン画ご紹介


会員の皆さま、こんにちは。講師の小牟田です。今回は増田(美)会員さまのデッサンをご
紹介致します。増田会員さまは鉛筆画としての魅力を感じるデッサンを多く制作してい
ます。今年入会していただいて半年もたっていないのですが、3作目くらいから、“もの
(モチーフ)を見て、それを画用紙に写す”視点に個性が出始めていました。特に、白い
モチーフを描いた作品にその良さが出ていると思います。まずは新作の貝のデッサンを
ご覧ください。
 
 
 

 
 

 
 
柔らかな調子の中に、しっかりと物の量感を感じることができます。多くの方が輪郭を
描いて、その中を描写していく描き方で形をとっていくものですが(もちろん間違いで
はありませんよ!)増田会員さまの場合、トーンでモチーフを捉えながら完成まで輪郭
を緩やかに動かしながら形を決めていきます。自然とその形の捉え方・描き方をされて
いたので、他にはない良さを感じました。
 
 
 

 
過去の作品、ポットです。
 
 

 
過去の作品、三角錐です。
 
 
これから鉛筆のタッチや技術が知識として増えていけばもうワンランクアップのデッサ
ンになると思います。
 
 
 

 
制作中の増田(美)会員さまです。
 
 
 
制作中の増田(美)会員さまです。