種岡会員さま油絵画(油彩画)で『区長賞』受賞


会員の皆さまこんにちは、今回は第66回江戸川区文化祭美術展に於きまして、現在銀
座教室で制作を行っておられます種岡会員さまが『区長賞』を受賞いたしましたご報告
です。種岡会員さまはご本人さまとお嬢様が古くからの会員さまで以前は新宿教室で制
作なさっておられました。
 
 
 
受賞作品
 

 
 
 
教室の作品発表会「楽々展」でもメッツ大賞を受賞なさっておられます。今回の受賞作
品は『埋火』(うずみび)と題しましたF10号油彩画(油絵画)作品での受賞です。
 
種岡会員さまがおっしゃいますに、世界遺産の村、富山県(越中)五箇山に伝わる「こ
きりこ節」は日本最古の民謡だそうです。
この歌に合わせて、合掌造りの古民家の囲炉裏端で、当主が 五穀豊穣を祈る無形文化
財「ささら踊り」を踊る風景を(創造で3人にして)描いたそうです。題名の「うずみ
び」は、「灰の中に埋めた炭火」の意味ですが、火種となった新に燃え続ける様子を、
文化財の伝承になずらえました。
 
 
 

 
受賞なさいました種岡会員さまです。
 
 
種岡会員さまのますますのご活躍をメッツ絵画教室講師、スタッフ一同お祈り申し上げま
す。