青井会員さまの「小澤征爾氏の肖像画」


こんにちは、メッツ絵画教室土曜日を担当しています講師の堀込です。
今回ご紹介する作品は青井会員さまが、昔からファンの小澤征爾指揮
者を「鉛筆と水彩」で描いた力作です。
作品からは人物への愛と誠実さが伝わってきます。
とても繊細なトーンで描かれたデッサンは、柔らかな表情が上手に表現さ
れおり、優しさが奥からにじみ出てくるような瞳が、より強調されて、印象
深い肖像画になりました。
 
 
 

 
水彩はセピア調にしたことで違う味わいが出ました。
デッサンよりもコントラストを強めガッシュのホワイトで特徴的な髪型を丁
寧に描写したので、表情だけでなく画面全体を楽しめる作品になってい
ます。
 
 
 

 
肖像画は顔のパーツの形や位置画少し違うだけで、全くに似ていなくな
ってしまうので、常に間違いを探しているような制作になります。
顔以外にも、その人が持つ雰囲気が画面に表れるようになるまで、陰影
の入れ方などを工夫しながら本人に近づけてけていく、大変な作業で作
業です。
青井会員さまは、そんな制作を2つもしたので、すごいエネルギーだったと
思います。現在の青井会員さまは、マスキング液を使った表現を勉強中
で、ますます作品クオリティが上がっています。
新作が楽しみです。