小山会員さまの鉛筆デッサン画ご紹介


会員皆様こんにちは、日曜日担当講師の稲垣です。
寒い日が続いていますが風邪などひいていませんか、ご注意ください。
今回ご紹介致します作品は小山会員様の鉛筆デッサン作品です。小山会員さまは平成30
年7月にメッツ絵画教室に入会なさいました。初心者の方に描いて頂く基本デッサンはリ
ンゴ、ワインボトル、野菜のカリフラワーとビー玉を経て、今回は4作目のコーヒーミル
です。
 
 
 

 
 
このコーヒーミルは沢山の四角形と楕円計の組合せで構成されていますので、正確な形を
描写するのに集中力と忍耐力が必要です。描く難度として、メインの素材である3種類の
金属の描き分けもしなければなりません。それと、道具としてしっかり使用できるように
見えるようにも描かなければなりません。
 
 
 

 
 
小山会員様は、まずじっくり時間を掛けて正確な形どりをしていきました。ある程度形
が取れてきてから少しずつ調子を入れ、更に形を修正しながら質感や色に迫っていきま
した。金属の質感の調子はすぐに出てきたのですが、銅心や鉄、鋼を描き分けるのに少
し苦労されました。特に銅特有の明るさや反射光にも描き過程で惑わされたりしました
が、忍耐強く追求していきました。何度もアドバイスを受ける度に描き足し修正を重ね
ました。画用紙がツルツルになってしまうくらい描きこまれたデッサン画完成しました。
実物のモチーフと比べると堂の部分がもう少し暗い色になってもよかったかとかもしれ
ませんが、大変努力されて完成に至った作品です。その程度に多くの事を学ばれたこと
と思います。
 
小山会員様はまだデッサンの研究が始まっばかりですが、この姿勢で続けていかれれば
安定したデッサン力を身につけられ事でしょう。是非この調子で頑張ってほしいと思い
ます。
 
最後に私事ではありますが2月末をもちましてメッツ絵画教室を退任させていただく事
になりました。会員皆さまの創作活動のお手伝いが出来ましたことは、私にとりまして
大変楽しい経験となりました。長い間ご愛顧を頂きましてありがとうございました。