宮越会員さまの「色鉛筆作品」


こんにちは、水曜日と土曜日担当の講師の森です。
今回は宮越会員の絵を紹介します。
 
 
 

 
 
この作品は、写真家の荒木経惟氏の展示を見に行ったときに感銘を受け、そこから
沸き起こったインスピレーションをもとして教室のモチーフをいくつか組み合わせて制作
しました。
 
使っている画材は色鉛筆です。
 
制作されている現場はこんな様子でした。
 
 
 

 
 
実際のモチーフだけでなく、自分で用意した資料を参照しながら描いています。
また、この完成作品にいたるまで何度もエスキース(下書きのスケッチ)をしており、
自分の持っているイメージを徐々に具体化させていきました。そうした成果として、多
くのモチーフを描きながらも構図がまとまっていて、自分の表現したいものがはっきり分
かる画面になっています。
 
色調も、最近の荒木氏のセンチメンタルな写真から影響を受けつつも、各モチーフが
同一の空間に存在するように明暗を工夫したり、奥行きをつくったりと細部までこだ
わって色を塗り重ねています。最後に気持ち良くまとまってよかったです!
 
漠然としたイメージを絵にしてみたい、なんて考えていらっしゃる方も、こういった方法で
制作してみてはいかがでしょうか。