山本会員さまのデッサン


皆さま、こんにちは。
メッツ絵画教教室の土曜日、メッツ銀座絵画教室の月曜日を
担当しております、講師の稲垣です。
今回は、山本俊明会員さまの作品をご紹介致します。
山本会員さまは、昨年10月にメッツ絵画教室に入会され、
月2回デッサンの勉強をされています。
これまでにガラス、レンガ、野菜、ぬいぐるみ、陶器、貝などの
モチーフを描いてこられましたが、今回は6作品目、金属製品の
ステンレスのカップとイチゴをモチーフに選びました。
 
 
 

 
 

 
 
このデッサン作品の魅力は何と言っても、ステンレスの質感です。
特に、外側のイチゴの映り込みや、目盛の描写は素晴らしいですね。
内側の暗い面もよく表現できています。
この取手は、微妙な傾斜がついているので形を正確にとるのが
難しいのですが、頑張られました。
そして、そばにあるイチゴ、とても難しいです。
 
作者の反対側に倒れて置かれているのです。
山本会員も、途中まではイチゴが立ち上がつて描かれてしまい、
苦労されていました。
しかし、しっかりとイチゴと台の関係を描きこまれ、最後には
とても自然な状態に見えるように仕上がりました。
イチゴの質感も、赤い色もよく出来ていますね。
 

 
 
メッツ絵画教室が,会員さまの誰もが上手になっていただきたく、
力を入れておりますのが、「描く基本のデッサン」です。
山本会員さまは、そのデッサンでしっかり、形、質感、光、陰影を
研究なされて、習得されています。
今後の制作が楽しみです。