人物画コースご案内


 
 
こんにちは、講師の佐々木です。
今回は先日行った人物コースの作品を紹介します。この時のモデル設定は
セミヌードの女性でした。赤い長襦袢を羽織って椅子に座り、
横に置いた石膏の台に肘を置いて、上半身をねじる様な形でポーズを
とってもらいました。
 
 
当日コース参加の会員さまの作品をご紹介いたします。
作品は会員さまそれぞれが、好みの画材を使用し描き上げたものです。
 
 

 
李会員さま作品
 
とても難しい位置だったので、かなり大変だったと思いますが、
見えている部分はとても良い表現が出来ています。
見えない所をいかに補うかが課題ですね。
 
 

 
植田会員さま作品
 
木炭のトーンの幅がとてもきれいで、敢えて描かなかった石膏台の
余白が効果的な画面のアクセントになっていますね。
長襦袢の色の濃さがもう少しあると良かったかもしれませんね。
 
 

 
出井会員さま作品
 
身体の構造的に怪しい所もありますが、それを感じさせないくらい
パステルでとても複雑で良い色が作れていて、とても魅力的です。
 
 

 
藤本会員さま作品 
 
下半身の不安定さはありますが、上半身や顔の表情はとてもしっかりと
良い描写が出来てきます。台を意識すると良かったかもしれませんね。
 
 

 
三上会員さま作品 
 
使い始めたばかりの水彩絵具で色々試しながら描かれていたので、
色の繋がりはあまり良くないですが、顔や胸のあたりの表現は
とてもきれいです。
 
 

 
原田会員さま作品
 
入会されて間もないですが、とても丁寧に観察していて
人体としてとても安定しています。
トーンのバランスに気をつけるともっと良くなりそうです。
 
 

 
森会員さま作品 
 
作業の跡まで作品の要素として見えてくるくらい、余白や色、形、
線のバランスが良いです。長襦袢の色の見え方のバリエーションが
もう少しあると良かったかもしれませんね。
 
 

山下会員さま作品
 
少しの角度の違いで見え方が違ってくる難しい
位置でしたので、人体的な構造が不安定になってしまいましたが、
足元の見え方や空間の表現はとても綺麗ですね。
 
 

 
山内会員さま作品 
 
大きい人体としての形の様子はとてもゆったりと描けていて
安定感があるデッサンですが、胸の形などの細かい不安定さが課題として
残ってしまいました。
 
 

 
富田会員さま 
 
3回の内2回はしっかりデッサンをして、3回目で油彩に取り掛かったので
途中段階ですが、デッサンがしっかり取れていたので、
モデルさんがいない状態でも問題なく描けると思います。
 
 

 
種岡会員さま作品
 
最終日の3回目だけに飛び入りで参加されましたが、安定感のある
しっかりとしたデッサンになっています。
女性的なふくよかさが表現出来ていて魅力的ですね
 
 

 
黒野会員さま作品 
 
最終日だけの参加で、未完成ではありますが、骨格や筋肉のつき方など
細かい点で良く観察していて、人体が自然に見えてくるとても良い
デッサンになっています。
 
このポーズは3か月連続で行ったので、3回参加された方だけでなく、
1回、2回だけの方もいました。かなり難易度の高い設定でしたが、
皆さんとても良い作品でした。
 
人物画コースは毎月第1日曜日昼Bクラスに開催しております。
コース専攻会員さま以外でも会員さま誰でもモデル料金をお支払いの上
ご参加いただけます。
お気軽にご参加いただければと、お待ちしております。
指導担当は日曜日の指導を行っております佐々木講師、稲垣講師です。