宮本会員さまの水彩画


こんにちは、メッツ絵画教室新宿校の水曜日と土曜日担当の講師の森です。
今回は宮本会員の水彩画を紹介します。
 
 
 

 
 
 
ランプの水彩画です。宮本会員は最初は鉛筆デッサンからスタートし、その
後水彩画に転向、本作を仕上げました。今回の絵ではひとつのモチーフに集中
してしっかりと描いていると思います。
 
金具の表面の質感や、ガラスの透明な様子など、一度だけではなく何度も手
を入れて完成させています。じつはモチーフだけでなく、背景の赤も、ラン
プの色との兼ね合いを見ながら何回か塗り直しています。そのような、こだ
わりによって重厚感のある作品に仕上がったと思います。
 
今までの絵と比べてもトップクラスの完成度ではないでしょうか。実力がつ
いてきましたね。
 
 
 

 
制作中の宮本会員です。
 
 
絵具で描くということは鉛筆デッサンよりも意識しなければならないことが
多く、想像以上に難しいものです。宮本会員も本作の前に何枚か水彩画を描
いていて、そろそろ絵具の扱いに慣れてきたころだと思います。ここからが
楽しく描ける時期なのかもしれません。
 
次回作もがんばりましょう!!