「白い陶器のポット」のデッサン画


こんにちは、土曜日を担当しております講師の堀込です。
メッツ絵画教室に入会され1年を過ぎました猪子会員さまのデッサン画作品を
ご紹介します。猪子会員さまは水彩画体験をなさってから入会されましたが、教室
で初心者の方には必ず始めは行って頂きます鉛筆デッサンの面白さに目覚めて以来
ずっとデッサン画を描くのに取り組まれています。
 
 
 

 
 
モチーフの白い陶器ですが、注ぎ口が手前に向いた難しい見え方ですが猪子会員
みずからこのアングルに挑戦なさいました。
 
 
 

 
 
ポットの取手と注ぎ口を除いた器の形は左右対称になります。最初に器本体を
描いたら取手と注ぎ口が平行になるように配置して形のバランスを見ながら全
体を描いていきます。猪子会員さまは何度も実物と絵を比べながら細かく修正
し描いていくのが得意で、時間を掛けただけあって完成作品はいつも形が自然
で美しいです。
 
白いものを描くときは白さを意識していないとついつい濃くなってしまいます
が猪子会員さまはH系の鉛筆を使って弱い筆圧で丁寧に調子を作っています。
うつり込みの描写がとても心地よく、なめらかな陶器の質感が良く表現されて
いますね。苦労したポットの蓋ですが器本体との接地面が自然で重みも感じら
れます。
 
メッツ絵画教室に入られ1年未満でここまでのレベルのデッサンを描かれるのは
本当にすおいことだと思います。影の部分などまだ描き込みが弱い所もあります
が、持ち前の高い集中力出これからもどんどん技術を習得して、よりレベルの高
いデッサンを目指してほしいと思います。