石原会員さまのデッサン作品ご紹介


こんにちは、メッツ絵画教室新宿校の水曜日と土曜日担当の講師の森です。
今回は石原会員のデッサンを紹介します。
 
 
 

 
 
鴨の剥製の鉛筆デッサンです。
石原会員はいつも長時間かけてモチーフを細密に描いています。その中でも
最近完成させたこのデッサンは非常に完成度が高く、細部まで克明に描写
して仕上げました。羽毛の細かな表情や脚の独特な質感など、細かく描けて
いるのですが、苦労したのは、そのような細密描写と自然な陰影の両立だった
と思います。
 
例えば首の左側に薄く影が落ちているところなど、一度描写した上から鉛筆
で色を塗ったりして首筋のボリューム感を出しています。そのような描写と
陰影の融合により、デッサンにリアルな説得力を持たせることに成功している
と思います。
 
 
 

 
 
石原会員の制作風景です。本当によくモチーフを観察しながら描いてい
ました。良い一枚が描けたと思います。