2011 フォービズム・ゼミ



メッツ絵画教室主任講師の小屋です。2011年の特別絵画ゼミは「フォービズム・ゼミ」です。マチスやドラン、デュフィの表現にチャレンジして頂きました!
 

11月20日と27日の2回、連続で開催し、新宿校と銀座校の多くの会員さまで盛り上がりました。「色彩の開放」をテーマに、みなさん頑張ってます!
 

とても緊張感のある会場です。
 

バックの表現が楽しい大澤会員。
 

魚の描写は得意の宮元会員。
 

原色を多く乗せる種岡会員です。
 

面白い構図になってきました。寺井会員です。
 

絵具を厚く乗せる佐野会員です。
 

亀尾会員は慎重に色を選んでいますね。
 

森会員はバックがとても個性的で面白いです。
 

南雲会員は資料を参考に描き進めています。
 

本橋会員はブルー・ライダー風に見えます。
 

山下会員、制作のスピードが早いです。
 

丁寧に魚を描く銀座校の金子会員。
 

綺麗な青い線で描き出す銀座校の池野会員。
 

2回目には沖野会員も参加
 

種岡会員は2作目に突入です。
 

バックの工夫が面白い宮本会員。
 

左上のスペースに何を描くか思案中の本橋会員(左)。森会員の画面もフォービズムらしくなって来ました(右)。
 

原色豊かで綺麗な寺井会員の作品。
 

山下会員も面白くなってきましたね。
 

沖野会員、慎重に線を引きます。
 

銀座校池野会員、おうちで研究されてきました。
 

銀座校金子会員、とても面白く、躍動感のある画面です。
 

まさにマチス空間!の合川会員。
 

最後は講評会です。フォービストたちの素晴らしい作品がずらりと並びました。
 

講評にも熱が入りました。
 

作者の工夫がとても面白い作品になりましたね。
 

自分の作品だけでなく、他の会員の講評を聞くのも勉強になります。
 

寺井会員の作品。色彩豊かで綺麗です。
 

宮本会員の作品。茶系色が入るのもいいですね。
 

本橋会員の作品。ご自分の和装肖像画も入れました!
 

森会員の作品。布の装飾を面白く利用したセンスがいいです。
 

亀尾会員の作品は色彩のダンスのようです。
 

1回のみ参加とは思えない密度のある沖野会員の作品。
 

見事にマチスの室内空間を捉えた合川会員の作品。
 

いつもの作品の色彩を更に大胆にしたフォービズムですね。山下会員です。
 

バックの扱いがとても上手い佐野会員の作品。
 

アクリル絵具の発色を生かした種岡会員の作品です。
 

画面全体の色と装飾のバランスがとても綺麗な池野会員の作品(銀座校)。
 

水の流れのように躍動感のある金子会員の作品(銀座校)。
 

本当に素晴らしいフォービズムばかりでとても充実したゼミだったと思います。それでは最後に今回のモチーフ4種の画像をご紹介致しますので、ご自宅で続きを描く方は参考にして下さい。
 

フォービズムのモチーフA
 

フォービズムのモチーフB
 

フォービズムのモチーフC
 

フォービズムのモチーフD