2010年7月21日(水) 夏の新宿御苑 スケッチ大会



メッツ絵画教室の小屋です。2010年7月21日(水)、午前・午後で新宿御苑にて風景画ゼミを行いました!暑い日だったにもかかわらずご参加の会員さま達は1日楽しんで制作されました。左から亀尾会員・黒瀬会員・佐藤会員・大澤会員・海老沼会員・合川会員の皆様です。
 

今回のテーマとしましたのは、新宿御苑内の「イギリス風景式庭園」です。コンスタブルやターナーが描いたような風景が広がり、新宿御苑の中でも雄大なスポットですね。大きな芝生にケヤキ・ユリノキ・ハルニレ・メタセコイアなどの木々がのびのび育っている所です。新宿御苑は広いので、毎回、その中の1つのスポットをテーマにして描いています。昨年9月は「旧御涼亭」をテーマに致しました。
 

夏の日差しがとても合います。風景画の基礎を学ぶのにも絶好の場所だと思います。
 

亀尾会員は優しい色使いの透明水彩画で挑戦です。じっくりと構図を練っています。
 

おっ!!亀尾会員のスケッチブックにナナフシと思われる昆虫が参上しました!驚く亀尾会員です。
 

黒瀬会員は事前に下見に来られていて、ある程度構想がまとまっていました。なので、どんどん進みます!水彩画で描かれました。
 

普段の授業でも、写真を元に風景画を水彩画で描かれている佐藤会員です。木陰をうまく見つけて、ゆったりと制作されました。
 

海老沼会員もじっくりと構図を練りました。水彩画をのせる前段階の鉛筆描きです。丁寧な仕事ですね。
 

合川会員はパステルで描かれました。手早く描けるパステル画は仕事が早いので、風景画でも力を発揮しますね。
 

合川会員も風景の一部になっております。絵になりますね!イギリスの風景かと錯覚してしまいます。
 

大澤会員は油彩画で挑戦です。簡易イーぜルにカンヴァスをしっかりとセットして描き始めました。細かい部分に拘らず、大胆な筆触やペィンティングナイフのマティエールで制作するのが今日のテーマです。
 

大澤会員、あっと言う間に全体の空間を掴むのは流石ですね。構図も動きがあって面白いです。
 

お楽しみの昼食は中央休憩所のベンチで食べました。談笑する大澤会員と海老沼会員です。
 

黒瀬会員と佐藤会員です。水分補給も忘れずに!
 

亀尾会員はコンビニのおにぎりを取り出しました。前回は焼きそばを食べていたような気がします。
 

合川会員も昼食の準備を始めました。午前中、相当集中したのでお腹が空きましたね。
 

食後、午後の仕事に入る前に中間講評会を行いました。自分の作品を冷静に観察し、次の仕事の指針を決めていきます。
 

午前中で風景の雰囲気まで出せた会員さまが多かったですね。1つの作品に対して他の会員さまからも積極的に意見が出ました。
 

いよいよ完成に向かって、午後の風景画ゼミがスタートです。仕上がりがとても楽しみですね!皆様の完成作品はまたの機会にご紹介致しますのでお楽しみに!