9月22日水曜日午後クラス 高岡徹校長先生の指導日



メッツ絵画教室の小屋です。9月22日(水)午後クラスの時間に、高岡校長先生が指導に来られました。月に2回の機会ですので会員さまたちも待ち望んでおられました。まずは黒瀬会員が現在制作中のイメージ風景油彩画のプランを説明されています。興味深く聞かれる校長先生(左)です。
 

加藤会員は今制作中の静物油彩画作品がそろそろ仕上がりです。どのように完成させるかのアドバイスを頂きました!

 

石川会員も今の静物油彩画が仕上がりの時期です。バックの扱いなどについて質問されました。
 

大澤会員は本日からF20号の大作油彩に取り組んでいます。来年の楽々展で、きっとその完成作を観る事が出来ると思います。構図についての意見を頂戴しました。
 

大澤会員が最近描かれた天王洲の風景油彩も見て頂きました。「鵜」と「雲」の扱いが面白いと言われましたね。
 

荒井会員のメジチの石膏デッサンです。B3画用紙に鉛筆で描いています。立体感の出し方や調子の作り方についての指導です。鉛筆は決して擦り込んだりしないで、全てタッチを生かして描くようにご指導がありました。
 

佐藤会員の写真から起こした風景水彩画の指導です。写真の要素の他に何か加えて頂きたい段階です。
 

油彩の古典技法で静物を描く合川会員です。モチーフも大変に伝統的なものです。その緻密で丁寧な描写には校長先生もとても感心されました。レンブラントやルーベンスの行った、そのままの技法です。
 

馬のデッサンを描く深谷会員のご指導です。大学生ですが、とてもよく観察されています。
 

大村会員の、今日からスタートのデッサンの指導です。描き出しに大切なのは、とにかくモチーフの正確な形と構図のバランスですね!
 

本日、鉛筆デッサン体験レッスン(リンゴのデッサン 2時間)に来て下さった男性の指導もして頂きました。とても上手く描けました。10月よりご入会決定です!
 

常に頭脳的水彩画を描くヨコタケ会員のご指導です。色々な資料を集めて描くヨコタケ会員の姿勢を褒めて頂きました。 
みなさん、本日、校長先生にとても参考になるお話が聞けて、「ますますやる気が出ました、また是非参加したい」という声が多く聞かれました。次回の校長先生指導日は10月10日(日)午後A(13:30-16:00)になります。沢山のご参加お待ちしています!