齋藤会員さまのデッサン


こんにちは、木曜日の担当をしております講師の中田です。
今回は、齋藤誠子会員さまのデッサンを紹介します。

このデッサンはホラ貝を描いたものです。
白布の上にホラ貝という色の差があまりないモチーフではありますが、
淡い色調の中でホラ貝をしっかり描写できています。
特に、ホラ貝の輪郭や模様だけに囚われず、
貝全体を均等に意識して描き進められているため、滑らかで粘りがあり、
少し光沢を帯びた飴のような貝殻の質感がよく再現できています

2015225_01

ホラ貝の中の暗さや布に落ちる影が少し単調になってしまっているので、
暗さの中にも段階を作る事や、影が落ちてるもの自体の質感を感じさせることが
できるとさらによくなるかと思います。

今はまだ様々な形、材質のモチーフをはじめて描くことが多く、
なかなか思ったとおりにいかないことも多いかと思いますが、
一枚描くごとに確実に上達されている齋藤会員の今後の作品も
楽しみにしております。