高岡校長受講指導始まる


春の桜が満開と時を同じくして、高岡校長先生の受講指導が4月4日月曜日昼クラスから始まりました。

 
高岡校長先生のご指導はどのようなものなのか初めてなので私も大変緊張しておりましたが、とてもソフトなタッチでわかりやすく、丁寧に会員さまに説明なさり、私にとって見習うところが多々あり大変参考にもなりました。
総合講評会では、会員皆さまも、ご自身の完成した作品に対し高岡校長先生より講評を受けた経験なさっておられますが、制作中の作品に関しての指導は初めての為、多少緊張しているのではないかと思いましたが、指導終了近くには緊張もほぐれ色々とご自身の思いをご質問なさっておられました。
 
 


09年楽々展校長賞受賞の東條会員の難しいモチーフを制作中の指導


宮崎会員のデッサンを指導

加納会員の水彩画作品を指導

 

井上会員の水彩を画指導


佐藤会員の人形鉛筆画を指導


駒井会員の水彩画を指導

桜井会員の油絵(馬の抽象画)を指導
 

藤波会員はデッサンの制作中

気楽にご質問の会話が始り笑みも出てきました。

4月からの高岡校長先生の会員さま指導が始まりました。
今年は月2回日時を決め通常時担当の講師と一緒に会員皆さまのご指導をさせていただきます。
校長先生独自の目線から皆さまの制作作品を分析しアドバイスをさせていただきます。
校長先生はとても優しい人です。説明もソフトに分りやすくをモットーに、ズバリ問題点を指摘し会員皆さまに、より上達していただきたいと思っていますと申しております。
会員皆さま、ご質問等ご遠慮なく気楽に校長先生にお尋ねください。
校長先生も会員皆さまの色々なご質問をお待ちしています。
 
事務局