遠藤会員さまの水彩画紹介


こんにちは。
新宿教室火曜日を担当しております講師の永瀬です。
今回は私が銀座教室の水曜日、日曜日を担当しています時に
お見え頂き制作に励んでおられます遠藤会員さまの素敵な水彩画をご紹介します。
遠藤会員さまは、銀座教室にご入会されて約2年になります。
1年あまりかけてデッサンを習得されたあと水彩画を始められました。
 
最初にご紹介するのは、トマトとズッキーニの静物画です。
 

この作品は遠藤会員さまが本格的に水彩画を始められた最初の作品です。
それまでの鉛筆デッサンの経験が生かされ、とても立体的に描けていますね。
水彩絵の具の透明感のある発色が美しく、
トマトもズッキーニも瑞々しく表現出来ていると一番手前の二つの玉葱をもう少し強めに描くと、より前後の空間が表現出来るでしょう。
 

次にご紹介するのは、青い布を敷いたテーブルの上に
ブラックバスと貝殻、ビー玉を配置した静物画です。
 
ブラックバスとその周りの空間がとても鮮やかでクリアに表現されています。
ブラックバスの流線形の形体感や、つやのある質感、細部の描き込みなど素晴らしいと思います。
 
ビー玉は少し弱く見えます。
もう少しコントラストと彩度を高めながら、シャープに描きたい所です。
 
貝殻はとても丁寧に描けています。
形体感、空間がよく出ていますね。
陰の色味も美しいです。
 
 
 
遠藤会員さまの作品や制作には、
「しっかりとモチーフの構造を理解して描いていく」という意識が感じらます。
それが作品の質を高めているのだと思います。
今後は、風景画も始められるとのことで、そちらも楽しみです。
これからも制作を楽しんで、素敵な作品を作っていただきたいです。
新宿教室の火曜日で水彩画を描いておられる会員さまも多く
それぞれの作品はとても素晴らし物です。次回はきょう日の会員さまの水彩画を
ご紹介させて頂きたいと思います。