石黒会員さまの油彩画


今日は毎週土曜日を担当しております講師の堀込です。
今回ご紹介します油彩画は建築のお仕事をなさっておられます
新潟市内信濃川にかかる万代橋から中心街方面をロケーションに
女性と電波塔が描かれています。
描かれています電波塔は石黒会員さまが工事にかかわりました。
この思い入れのある電波塔をアクセントにして、複数の写真を基に
風景を描いた作品です。
 
 
 

「 雨上がりの 万代橋 」

F10号 油彩画
 
20151018_01
 
 
制作するに当たり表現の方法を教室にある画集の中からヴラマンクとホッパーを選び
空の色はヴラマンクの大胆で厚みのあるタッチを参考にし、
作品の雰囲気はポッパー画描くような少しさみしげな乾いた都市を
意識して描きました。
 
 
 
20151018_02
 
 
石黒会員さまのように巨匠たちの作品を参考にしますと
完成イメージが明確になり作業が進み易くなるのでお勧めします。
作中に描いた女性は仲の良い会員さまにお願いしてポーズをとってもらい
その姿をできるだけ自然な形で見えるように描き入れました。
 
色々施行錯誤をした結果、ドラマチックな構図ながら彩度の低い
色を使用したことで静かで物語性のある作品に仕上がりました。
 
石黒会員さまにとって思い出に残る作品の一つとなったと思われます。