甲田会員さまのデッサンご紹介


2014年、明けましておめでとうございます。
木曜日と日曜日を担当している講師の佐々木です。
私が担当しております日においで頂いて制作なさっておられます甲田会員さまのデッサンを私の今年最初の推薦作品としてご紹介します。
甲田会員さまは2012年の7月に入会して、月2回のペースで描いています。
今回のデッサンは11枚目で、5回分、約12時間で完成しました。


口の石膏像を横から見る状態に置き、敢えて画面の左側に空間を持たせた構図が特徴的な作品です。
かなり早い段階で、形やトーンのバランスが取れていたので、より深い世界観や細かい描写に時間をかけることができていました。
石膏像の、白いけれども少し汚れている感じや、立体感が良く表せていますね。
特に上唇の先から床までの距離感は、とても良く表現できています。
画面の端にフェードアウトする感じも良く出来ていますが、壁や床の質感の違いや色の変化に、もう一歩踏み込んで描写すると良かったかもしれませんね。
甲田会員さまは現在、人形のデッサンに挑戦していますが、そちらも完成が楽しみです。