橋本会員の静物デッサン画



メッツ絵画教室主任講師の小屋です。橋本会員の新作デッサンのご紹介です。ワイン瓶とマスカットと綿布という基本的なモチーフですが、ここまでの表現力は見事です。彩色作品に負けない、高度な作品がデッサンで可能であることを再認識させてくれますね。
 

瓶のガラス質を何重にも追っているのが分かります。濃い青色をした瓶ですが、その青さも、それでいて透明感も出ています。口の部分に入っている微妙な光も綺麗です。絵的な要素です。
 

濃紺に銀の文字や絵のラベルも食いつくように描いています。瓶の丸みに沿って文字などを変化させているのも流石の力量ですね。
 

マスカットです。実の輪郭の複雑さだけ見ても、橋本会員の物の観察が簡単ではないのが分かります。葉のスピード感のあるタッチが画面に勢いを与えています。柄も微妙な鉛筆の色が重なって出来ています。
 

台に敷かれた綿布やバックの壁も必要最小限のタッチで表現しました。橋本会員のこれからの表現に期待しています!