橋本会員の石膏群像デッサン



メッツ絵画教室主任講師の小屋です。
橋本会員の新作デッサンのご紹介です。
メディチの耳・鼻・目と布を組み合わせました。
ここまでモチーフに迫れる集中力・描写力は流石です。
台の布の皺の動きや背景など、明暗のバランスがとても魅力的な作品になりました。
 

目の石膏像はその裏面の描写なのですが、とても魅力的です。
アクセントのつけ方が上手いので石膏の質感が見事に表現されています。
 

鼻にもたれかかっている耳です。
全体を包み込む 空間がとても綺麗ですね。
布に非常に細かいタッチを重ねるのが橋本会員の独特な描写法です。
 

鼻の先端、つやっと光っている石膏の質感がとてもよく出ていますね。
ハイライトの使い方も上手いです。
 

バックの石膏柱のラインも、リズミカルに強弱を 付けて説得力のある表現になりました。
鉛筆の調子にとても幅があります。
ここまで到達すると鉛筆デッサンも、彩色作品に負けない質の高い作品になります。
 

モチーフの写真です。
見比べると橋本会員がいかに随所に工夫をして描写しているかが分かりますね。
これからの作品も期待できます!