梅澤ご夫妻のデッサン画ご紹介


こんにちは、講師の森です。
今回はご夫婦で通っていらっしゃる梅澤(正)会員さまと
梅澤(喜)会員さまのデッサンを紹介したいと思います。
お2人とも同じ椿の花のモチーフに取り組みました。
 
 
 

 
こちらが梅澤(喜)さんのデッサンです。
はなびらの形ひとつひとつを繊細に描いています。葉や蕾の形も美しく
自然な形になっています。手前に向かってくるような角度の花弁を描くのに
苦労されていましたが、花びらの表裏の色の違いや、細かい部分の陰影を
しっかりつけたので、立体感も出せたのではないでしょうか。
折れ曲がっている細い茎が感傷的でもあります。
 
 
 

 
そして、こちらが梅澤(正)さんのデッサンです。
力強く鉛筆の色を塗っているので迫力がありますね。
こちらも花や葉っぱの形を意識して、正確に描いています。
一番下の葉っぱの、先端が折れている様子までしっかりと伝わってきます。
また構図も、画面の中央に堂々と花が描かれているので安定感があります。
同じモチーフでも描く人によって雰囲気に違いが出てくるのが
おもしろいですね。
どちらのデッサンも集中して一所懸命に描かれていてとても良いと思います。