林会員さまの作品紹介


こんにちは。講師の永瀬です。
今回は林会員さまの油彩画をご紹介します。
 
 
 
20160130_01
 
 
背景に暗い色の布を掛け、テーブルにベージュの布を敷き、
木製の小さな椅子の上にピエロの置物を置き、
青いガラス瓶と実の付いた枝を配置して、ピンクのリボンを這わせた静物画です。
構図に動きがあり、安定感もあり、とてもバランスが良いです。
形の印象もとても良いですね。                  
 
それぞれの物が持っている、形の綺麗さが丁寧に描かれていると思います。
明暗の印象もとても自然で、それぞれの物が立体的で、
奥行きを持って見えてきます。
また、鮮やかな色の配置がとても効果的です。
ピンクのリボンは、ピエロの台座に乗っている先端部分に、
もっとも彩度の高い色味を持ってきています。
そこから少しずつ彩度を落とし、青い瓶の後ろのあたりでは、
明度と共に彩度もぐっと落とし奥に引っ込んだ印象を作っています。
これは、よくモチーフを観察した上で、絵としての見どころや、
空間を作る為に、絵作りしているのです。
 
今回の林会員さまの作品は写実的で、かつしっかり見せどころを作っていて、
とても完成度が高く素晴らしいと思います。