東海会員さまの鉛筆画作品ご紹介


こんにちは。
火曜日を担当している講師の永瀬です。
今回は東海会員さまの作品をご紹介します。
 
東海会員さまは今回、木彫の不動明王の写真模写作品を制作されました。
 
 
 
20161117_01
 
 
鉛筆の濃淡を幅広く使い、とても迫力のある、完成度の高い仕上がりになりました。
全体に右上からの光源が反映されているので、統一感があります。
また細部もしっかり描き込まれていて、木彫りの質感までよく出ていますね。
 
これだけ強い黒を背景にもってきて、また際をぼかさずシャープに描ききっても、
かたちの際や背景の暗闇に溶け込むところに丁寧に調子の変化が作れているので、
うしろに回り込む空間が感じられます。
 
東海会員さまは、じっくり時間をかけて、妥協のない制作で
今回の作品を描ききることができたと思います。
作品には心地よい緊張感があり、美しい表現になっていると思います。
 
おつかれさまでした!