東條会員の新作油彩画


メッツ絵画教室の小屋です。東條会員の新作油彩画が完成致しましたのでご紹介します!


大変美しい、「鹿のいる風景画」です。まるで日本画のような淡い色調を、しっかりした厚みのある油絵具を使って表現したので独特な雰囲気の作品になりました。とてもバランスの良い構図で、空気遠近法で雄大な空間を表現しています。左下に池を入れたので、透明感のある作品になりました。


2頭の鹿です。とても愛らしいしぐさです。筋肉質な感じもよく描けていますね。地面と背景の森との関係も自然です。枝と枝の間に筆跡の残った厚い絵具層があるのに注目してください。その効果が画面を引き締めています。


強い輪郭線と弱い輪郭線で工夫されて、「奥の方にある大木」という難しい位置感を出すのに成功しています。東條会員の作品は、完成度が更に上がって来たと思います。これからの制作がとても楽しみですね!