日根会員の新作油彩画


メッツ絵画教室の小屋です。日根会員の新作・静物油彩画が完成しましたのでご紹介します。


ガラスのアンティークランプ、ユトリロの画集、西洋梨、和風柄の布のモチーフです。ランプに火が灯っているように表現した、独創的な油彩画です。絵具の付きも大変にしっかりしていて、力作になりました。構図も見易く工夫されています。バックの赤色にも幅があってしっとりした空間の演出になりました。


上下のパーツでガラスの色が分かれているランプですが、その色が透明感と共によく描けましたね。ランプの光がこの作品の光源になっているので説得力があると思います。ランプの芯の描写も自然で綺麗です。


ユトリロの教会の絵が表紙の画集です。風景画の空間がよく出たのでとても広々とした空気を感じる作品になりました。 ”Maurice Utrillo”のレタリングも丁寧です。ともすれば単調になりやすい絵の回りのグレー枠も西洋梨の影を利用しながら頑張って描きました。


西洋梨も質感までよく迫りました。和風の柄布も日本古来の紺色や群青色を感じさせてどこかホッとする空気があります。ますます画力が付いてきた日根会員、只今新作を描き始めた所です。完成が待ち遠しいですね。