奥沢会員さまの水彩画


今日は水曜日を担当しております講師の元田です。
今回、初めて講師として会員さまの作品をご紹介します。
何時も水曜日にお越しいただき制作なさっておられます奥沢会員さまの
作品をご紹介します。
 
20141220_01
今回のモチーフは水色の布の上に置かれたヒトデと、凹みのあるアルミ製の板になります。
このモチーフの見所は主役であるヒトデとアルミの板に映り込んだ形体です。
描き始めの時はどうアルミの反射を表現したら良いのか悩まれておられましたが、
形体の面白い要素を見つけながら描き進めていくうち結果的に大変興味深い作品になりました。
 
20141220_02
実際に描かれたヒトデは乾燥されたものですが、アルミに写り込んだ形体はどこか生きているような幻想的なイメージになりました。
 
20141220_03
奥沢会員さまは毎回じっくりと作品を観察する姿勢が今回の作品につながったと言ってもいいのではないでしょうか。
今後の課題としては、描き始めの段階で背景の処理をどうゆう風に持っていけばよいか、色と形のバランスも含めてとり進んでもらえば、より充実した画面になると思います。
次の新しい作品、期待しております。