大河原会員の鉛筆デッサン画


木曜日、金曜日の指導を担当して おります講師の南条です。
今回、2回にわたり私の担当日で創作に励まれております 大河原会員さまと木下会員さまの
作品をご紹介いたします。
 

F6の画用紙に描いた静物作品です。
基礎デッサンを終えモチーフだけでなく全体の雰囲気を含めた絵作りに取り組まれています。
細密に描写する部分、シルエットだけで描く部分等バランスを考えられた構成と成りました。
鉛筆の使い方も寝かせてざらつかせた所と鉛筆を立てて紙の目を潰している部分の使い分けが絵全体の独自の「質」への表現に繋がつて来ています。
手探りなと所も有りますが、限られた画材で描く喜びを感じられた1枚になったと思います。
ブロックの質感が曖昧に見えてしまったのと、絵全体を見た目に
グレーの部分が多くなってしまったのでさらに濃い色を載せる個所を手前に作っても良いかと思います。