大平会員の箱のデッサン



メッツ絵画教室主任講師の小屋です。「箱ものが苦手なようなので修行したい」という大平会員の希望で用意したのがこのモチーフです。セッティングは大平会員が自分で行いました。動きがあって良い構図が作れましたね。箱も色々な形と質感のものを用意しました。
 

発泡スチロールの立方体です。その細かい欠けや、やや柔らかい質感まで出せました。大きな直方体の箱に入った雰囲気も出せました。バックのやや暗めのトーンも合っています。
 

箱の蓋を木の立方体が支えています。その接触した緊張感が綺麗ですね。蓋のイラストと文字はもう一工夫できそうです。
 

木の立方体とマッチ箱形ライターも説得力のある表現になりました。独特のスピード感のある細いタッチが効果的です。
 

マッチの装飾も丁寧に観察していますね。文字にもう少しオリジナルの雰囲気を出したいです。これだけ色々な箱のデッサンをして、今後の制作の手がかりになる作品になりました!