大平会員のグロ族仮面のある静物



メッツ絵画教室の小屋です。とても力の入ったデッサンのご紹介です。大平会員が長い時間をかけて拘って描かれました。アフリカの仮面が近代文明の中、電話で話している様なユニークな設定ですがここまで描き込んだので説得力のある作品に仕上がりました。
 

アフリカのグロ族マスクです。その独特な木の質感が出ました。髪の毛や頭上の櫛の1本1本の彫りまで描いています。
 

電話機もそのクリーム色の感じや、プラスチックの質感までしっかり出せましたね。ダイヤルの中央、”HELLO!”も面白い工夫です。
 

バックの室内インテリアの写真もよくぞここまで、と言う程に細かく描きました。同時にページの平面性も描けているのが素晴らしいです。
 

バックの壁やポスター、色見本など、何でも画面に利用する気持ちは制作する上でとても大切なものです。これからも自信を持って描いて行こう!