大久保会員様の作品紹介


こんにちは。
メッツ絵画教室、火曜日を担当しています講師の永瀬です。
今回は大久保会員さまの作品をご紹介します。
 
20150714_01
 
卓上に並べられた三つの小物を描いた鉛筆デッサンです。
左から金属の水差し、ブリキのウサギのおもちゃ、そして銅製のカップが並べられています。
 
今回のデッサンの特長として、まず構図が良さを挙げる事が出来ると思います。
画面の広さに対してモチーフを少し小さめにバランス良く配置して、
テーブルや背景といった「間」をきれいに見せています。
 
次にディティールがとても魅力的です。
水差しとカップでは光の反射の仕方が違うのがよく表現されています。
ブリキのうさぎのおもちゃでは、
ペイントされた柄と形体感がバランス良く表現されています。
鉛筆の限られた諧調の中で、見事に三つの物の質感を描き分けていますね。
またテーブルに落ちた、物の影や背景のトーンが適切で、
テーブルの白さやモチーフのグレートーンときれいに響き合っています。
 
シャープでエッジが効いていて、繊細さも持ち合わせている大久保会員のデッサン、
次回作も楽しみにしています。