合田会員さまの水彩画


今日は講師の堀込です。
金曜日に制作なさっておられます合田会員さまの水彩画をご紹介
致します。
作品題名は「アーティチョークと流木の有る静物」です。
 

合田会員さまの水彩画はしっかりとした描き込と、透明水彩らしい
にじみやぼかしを生かした表現以外に、あえて不透明のマットな塗りを
入れてメリハリのある画面を作りあげているのが特徴です。
今回も柄布の柔らかな光沢感と何度も塗り重ねた黒布の対比が美しく、
それに負けないようにモチーフを描き込、大変積極的な表現で全体をまとめています。
 

ガラスの質感が見事に表現された小物入れはマスキング液を使用しました。
まだマスキング液を使用してこのような甲革お試しでない会員さまにはとても
参考になると思います。
 

流木は部分的に洗い出しをして、乾いた風合いを表現しています。
 
 
色彩感覚を豊かな合田会員さまなので今後も様々な表現方法を取り入れて
自分らしい水彩画を目指して頑張ってください。
応援しています!