企画講習のご案内


こんにちは。講師の森です。
7月に行う企画講座、「線描で花を描く」をご紹介したいと思います。
 
 
20160713_01
 
線は絵を描くうえで最もシンプルで身近な表現方法だと思います
特に、植物や花を詳しく描くのに線描は相性が良く、
普段なにげなく見ている花弁や葉の形なども、
改めて観察してみると、複雑な形をしていたり、
美しい曲線になっていたりすることに気が付きます。
普段の鉛筆デッサンでは、立体感を出すために鉛筆の色を付けるように
言われることが多いと思いますが、あえて線を主体にして描いてみると、
一本の線を引くのにも、しっかりとモチーフを見ないと
なかなか上手くいかないことに驚くかもしれません。
 
水彩画を描いていらっしゃる方も、この機会に、着彩前のデッサンを
見直してみると良いかと思います。
時間があれば、描いた線画に簡単に水彩で色をつけるのもお薦めします。
上のバラの線画を着彩すると、以下のようになります。
 
 
20160713_02
 
 
企画講習会「線描で花を描く」は下記の日程で開催します。
日時:7月17日(日)~23日(土) 14:00~
 
★参加費や画材貸出に関しては教室内のチラシに表記してあります。
★モチーフの花はバラとユリの二種類を用意する予定です。
お一人様一本ずつモチーフを渡して描きます。
★お申込みは、教室の予約表にお名前を書き、赤ペンで丸を囲んでください。