人物画コース:山本講師からの報告


毎月第一日曜日午後Bの人物コースを小屋先生と担当させていただいている山本です。
 
1月は女性ヌードクロッキーを行いました。
B3サイズほどのクロッキー帳に鉛筆、木炭、コンテなど自由な画材で描くことができます。5分~20分間のポーズの中で完成させなくてはならないので動きのある人体を素早く捉える訓練として、通常授業で描くデッサンとは違った力を養うことが出来ます。
 

今回の女性ヌードクロッキーは、ポーズ毎に進め方を変えるなどの工夫をされていました。
静物とは違い、生身の女性の美しさをどう表現するか、常に時間を意識しなくてはいけないので集中力と緊張感が高まる授業となりました。
 
では講評にまいりましょう!
 

宮本会員のクロッキーです。座っている骨盤の安定感が出ていますね。身体に比べ頭が小さくなってしまったので、全体の比率を確認する癖をつけると良いと思います。
 

富田会員のクロッキーです。身体の構造を観察が上達しました。要領もよくムダな線が少なくなりましたが、線の強弱をコントロール出来れば筋肉と関節の変化が更に表現できるでしょう。
 

観音会員のクロッキーです。女性ヌードは初めてとのことですが骨格と肌の質感がきれいに出ました。手足が平面的になってしまったので次回は時間配分も考え指先までしっかり描けると良いですね。
 

飯島会員のクロッキーです。下半身に比べ上半身の比率が少し小さくなりましたが顔がしっかり描けているので集中力がとても高いのが分かりますね。逆に集中しすぎると部分だけを進めてしまうことにもなりかねないので客観的に見る瞬間も入れてあげると良いでしょう。
 

佐野会員のクロッキーです。赤茶のコンテの色がきれいですね。線の曲線が少々硬くなりましたがモデルさんの表情の捉え方がとても良いですね。モデルさんの内面の個性を引き出し、表現することはとても大切なことですね。
 

山下会員のクロッキーです。手足が小さくなってしまいましたが女性らしさが出ており生身の人間が目の前にいる状況が伝わってきます。描き始める前に構図のバランスがイメージできたら更に良くなるでしょう。
 

種岡会員のクロッキーです。髪の毛の黒と余白のバランスが良いですね。背中から腰にかけての骨格が弱くなってしまったので身体の構造を想像しながら描くと良いと思います。
 

マリアンスキー会員のクロッキーです。木炭のぼかしで肌の質感が表現されていますね。線が硬くなりましたが、骨格がしっかり捉えられています。もっと足の裏が描かれていたら良いですね。
 
次回は2月5日日曜日午後Bから1日のみ固定ポーズ『杖を持つ老人』を行います。
初心者の方でも丁寧にご指導させていだだきますので、この機会にぜひご参加ください。