人物画『エドワードホッパー』3月


こんにちは、メッツ絵画教室の山本です。
毎月第1日曜日、昼Bクラス内での人物画コースをご紹介いたします。
今回はエドワードホッパーを参考に「固定ポーズ・」1回目を行いました。
 

新宿教室はリニューアルしてアトリエが広くなり、みなさんゆったり制作されていました。
 

10名の会員さまのほとんどが油絵で描かれていました。
 

保谷会員さま
初めての人物コース参加でしたが、入会して半年間、鍛えたデッサン力がしっかりと発揮されていますね。次回は右上の余白を埋めて完成度を高められると良いでしょう。
 

冨田会員さま
真横からのアングルなので、肩の奥行きを出すのが難しい位置になりますが身体全体の骨格をよく捉えられています。丁寧に進められることができるので、椅子やランプを完成させて三ヶ月間じっくり仕上げていきましょう。
 

山下会員さま
真正面からの難しい位置ですが頭から足先までしっかり描ききれました。この下書きを完成された後に新たにキャンバスで描く予定です。どのような色になるか楽しみですね。
 

沖野会員さま
構図は上手に納まりましたが人体の形が角ばってしまいました。モデルさんの持った雰囲気や生きた人間らしさが出てくると良いですね。
 

種岡会員さま
個性的な描き方をされていて好感が持てますが赤茶色と水色の組合せがより空間を感じにくくさせています。パレットの上で絵具を混色した色を使うと良いでしょう。
 

佐野会員さま
クロッキー力が生かされ、速い段階で構図や形を決めることができていますが、色の組合せが単調なので、絵の中で表現したいものを絞り、完成図を決めて進めていきましょう。
 

森会員さま
描きだしに様々な色を画面に配置させているのが良いですね。現実にはない世界を絵でどう表現されるのか楽しみですね。
 

西岡会員さま
ランプを中心にした構図となりました。人物やインテリアを描きならも空間をどのように演出できるかが重要です。モチーフと同じように背景も進められると良いですね。
 

本橋会員さま
デビットホックニーのような均衡のとれた構図が良いですね。ポップアートのような印象を受けます。
 

亀尾会員さま
人物コース初参加でしたが、アクリル画を2時間半でここまで頑張れました。明るい部分は画用紙の白を生かし、影の着彩に時間をかけられると良いですね。
 
3回で完成させます。来月、5月4日と続きます。
一度だけの受講も出来ますので、数多くのご参加どうぞお待ちしております。
担当講師 佐々木・山本