中野会員の魅力的な静物油彩



メッツ絵画教室の小屋です。中野会員が素晴らしい静物油彩画を完成させました。青いビードロのガラス花瓶、ケン玉、黄色いパプリカを緑の植物装飾布の上に乗せたモチーフです。その個々の物の質感の差や距離感、バックの表現、布の描写など魅力的な画面になりました。


青いビードロのガラス花瓶は、油絵具を薄く溶いて、時間をかけて何層にも重ねました。透明感がよく出ています。更にガラスの明暗もしっかり描写したので固さも表現できました。光の反射によるハイライトも綺麗ですね。バックのバイオレットグレーもモチーフといい関係を保っています。


ケン玉もとてもしっかり描けました。本体と玉をつなぐタコ糸の表現も達者ですね。糸の明暗がしっかり描けたので画面に動きを与えています。


パプリカも微妙な色の変化を巧みに捉えています。布の柄も手前と奥で明度・彩度を変化させて奥行を出しました。見ていて安定感のある画面に仕上がったと思います。中野会員の次回作も楽しみですね。