中島会員さま作品ご紹介


こんにちは。講師の中田です。
今回は中島俊明会員さまの作品をご紹介します。
 
 
 
20160224_01
 
 
中島会員さまはこれまで風景をある程度写実的に描いていましたが、
近頃急に基礎的な表現から離れ水彩絵具で独自の色彩とタッチを身につけ始めました。
これは専門的に絵を学ぶ人間にとっても難しいところであり、
とても驚きました。
また、独自の表現というだけではなく、絵としてとても心地よい調和を感じます。
 
20160224_02
 
こちらの作品はペンと透明水彩を併用しています。
 
 
20160224_03
 
 
部分をアップすると分かりますが、
どこにペンを入れるかとてもよく考えられています。
常にペンと水彩のバランスを敏感に感じ取りながら絵を進め、
細かい部分にも様々な技術が詰め込まれていて見ていて飽きない作品です。
 
近頃は、木曜日に来ている会員さまもじっくりと描く写実的な方向性、
または色彩や物語性を重視し、少し現実を再構成していく方向性など、
それぞれが全く違うやり方で完成度をぐんぐんあげています。
まだ経験が少ない方もデッサンを頑張っていて、
今後どのような世界を作り上げていくのか楽しみです。