ルノワール風衣装のコスチューム人物画



メッツ絵画教室主任講師の小屋です。9月・10月の人物画コースでは、連続して「ルノワール風衣装を着た女性コスチューム」のモデルさんで制作しました。最後の講評会では力作がズラリと並び、圧巻でした。
 

全体の総評をまず行います。
 

ご参加の会員さまも自分の人物画を客観的に鑑賞できるのが講評会の良い所ですね!
 

いよいよ個々の作品の講評に移るところです。
 

佐野会員のデッサンの講評です。
 

合川会員もとてもモデルさんの雰囲気をつかんでおります。
 

山下会員頑張りました!モデルさんの体の流れを上手く掴んでいます。
 

飯島会員は9月はデッサン、10月は水彩で描きました。水彩のバックはルノアールの作品から応用しております。
 

佐野会員の木炭デッサンです。人体の大らかな流れを表現するのに木炭はピッタリですね。
 

佐藤会員は時間内に人物を描ききりました。後は通常授業にて、チェコの修道院の装飾を描かれる予定です。
 

宮本会員の鉛筆デッサンです。輪郭線の豊かな感じが魅力です。
 

合川会員の水彩画です。人体の構造を的確にとらえながらも、豊かな表現力に包まれています。
 

富田君のデッサンです。椅子の背もたれの刺繍の描写も綺麗ですね。
 

川上会員のデッサンです。輪郭のアクセントの付け方がリズミカルですね。モデル台の表情がやや単調になったのが惜しいです。
 

高橋会員の調子の幅が豊かなデッサンです。顔の表情も自然ですね。
 

松岡会員は1回のみのご参加でしたが大胆なタッチで描ききりましたね。
 

種岡会員はバックに数多くのルノワールの絵を模写しました。テーマ性が豊かで面白いですね。密度もあります。
 
人物画コース(毎月第一日曜日 PM4:30-7:00)ではこれからも色々なモデルさんをお呼び致しますので是非ご参加下さい!
人物画コースのスケジュール