メッツ人物画コース 5月 ムーヴィングのある男性クロッキー



メッツ絵画教室主任講師の小屋です。5月の人物画コースでは「ムーヴィングのある男性クロッキー」を行いました。中ほどのポーズで20分間ゆっくりと動き続けて頂くという難易度の高いクロッキーですが、ご参加の会員さまはとても楽しそうにクロッキー帳に線を走らせていました。
 

素早く、何枚も描くクロッキーは、デッサン力とはまた違う表現力が必要になりますね。
 

的確な線で人物を捕らえていく植田会員です。線に表情があります。
 

ムーヴィングポーズのスタートです。ゆっくりと動いて頂いてその人体の形の変化を探ります。大切なのは「形」だけではなく「動き」も描こうという気持ちです。
 

合川会員、大胆な線で素早く描いていきます。
 

少愛会員もパステルでダナミックに描きます。
 

最後は講評会です。今日の成果がズラリと並びました!
 

みなさん、形の捕らえ方に慣れが見られます。人物画も枚数が必要です。
 

植田会員のクロッキーです。線に勢いがあり、人物のプロポーションも的確で、構図も紙にピタっとはまっています。
 

背中の表情を上手く捉えたクロッキーですね。
 

森会員もがんばりました。骨格をとても意識しています。
 

マリアンスキー会員のムーヴィングクロッキー。ご本人はポロックを意識されたとのことです。褐色の線が効いています。
 

合川会員のムーヴィングクロッキー。こちらはミロのようなリズムを感じます。遊び心が満載でいいですね!
 

背中の表情を描きたくなるモデルさんでした。筋肉と骨格の感じがよく出ています。
 

全身のクロッキーです。この構図の場合、足は切れないほうがいいですね。
 

少愛会員のパステルのクロッキー。パステルや水彩でもどんどんクロッキーするといいですね。鉛筆とは又違った表情が出ますし、すぐには消せないので緊張感も出やすいです。
 

こちらもパステルのクロッキーです。顔の表情がいいですね。
 

両肩の緊張感が伝わるクロッキーです。大胆で面白い作品です。
 
人物画コースでは、これからもバラエティ豊かなモデルさんをお呼びして制作していきます。詳細とスケジュールは教室に掲示しております。是非ご参加下さい!