トップページ

こんにちは。新宿駅南口から徒歩3分のメッツ絵画教室へようこそ。
メッツ絵画教室でアートある暮らし、心豊かな暮らしを始めませんか。
絵画の、デッサン、油絵、水彩画、パステル画など、初めてのあなたでも安心して楽しく描いていただけるよう、
講師が個々のモチーフをあなたの制作ペースに合わせ個別指導で描いていただくのが、メッツ絵画教室です。

 

校長 高岡 徹  一陽会委員・美術家連盟会員

絵画6コースのご紹介

メッツ絵画教室にはデッサン画、油絵画、水彩画・アクリル画、パステル画、水墨画・彩画、人物画の6コースがあります。

デッザン画コース

デッサン画
コース

油彩画コース

油彩画
コース

水彩画コース

水彩画
コース

パステル画コース

パステル画
コース

人物画コース

人物画
コース

詳細はこちらから

メッツ絵画教室 新着情報

自慢の受講システムと良心的な受講料

教室は月曜日から日曜日、週7日、月4週開講しています。
思ったその日から入会、受講が出来ます。受講はご自身の都合に合わせての自由予約制!急な都合での予約キャンセル、振替え受講も可能です。
受講料は月謝制です。絵を描きたいと始めようと思っている方に対し、他と比較していただいても良心的金額と自負しております。 

詳細はこちらから

教室場所

教室は新宿駅南口から356メートル、徒歩3分と通うに便利な場所にあります。

詳細はこちらから

1日体験教室

私でも描けるかなとか、ちょっと描いてみたいなと思っているあなたに1日体験をご用意してあります。一日体験は毎日開催しております。

鉛筆デッサン

鉛筆デッサン

水彩画

水彩画

パステル画

パステル画

会員ギャラリー

会員ギャラリー

詳細はこちらから

会員さま作品や制作風景等教室の雰囲気はこちらからご覧いただけます。

ご覧になるにはこちらから

企画講習スケジュール

7人の講師が通常の受講指導以外に写生会や美術講義、裸婦クロッキーなど
楽しい企画講習会を開催します。

企画講習ブログ記事紹介

>屋外スケッチ会 「真鶴港」を描く(2014年12月03日)

>茶色い画用紙にコンテで手を描こう(2014年4月15日)

>駒場東大スケッチ会(2014年5月28日)

>11月の屋外写生会・パートⅡ(2013年12月7日)

>「鬼子母神神童」屋外写生会(2013年5月15日)

>夏の特別講習会(2012年8月16日) 詳しくはこちら


メッツ銀座絵画教室のご案内

メッツ絵画教室の姉妹教室、メッツ銀座絵画教室は銀座3丁目マロニエ通りに有ります。
銀座教室も宜しくお願いします。

 

メッツ銀座絵画教室はこちらから

9月企画講習会に当たり

 
今回は9月の企画講習会と10月の屋外写生会に関して
会員皆さまにご参考にしていただきたく、ご紹介します。
 
教室の高岡徹校長先生の御尊父高岡徳太郎先生は、美術家の団体である一陽会を、
昭和30年、画家の鈴木信太郎先生、野間仁根先生、萩野康二先生と共に設立しました。
若き日には、画家の林武氏と共に渡仏され、パリで本場の洋画の感性と空気を
感受してきました。
その後、数々の作品を制作してきましたが、その中に坂を題材にしました作品
もありますので、今回行います企画講習や写生会のご参考になればと思います。
 
 
 

 
 
この絵は昭和49年、先生が72歳の時に描かれた作品です。
場所は千葉の犬吠崎周辺です。
題名は、「海からの道」で20号のキャンバスを使用しています。
登り坂道で、この道を越えると海に出るロケーションを描いたものです。
先生がおっしゃるのに、「風景画には絵に『空気』が感じられなくてはいけないんです」
と、おっしゃっておられました。
この絵で感じられますのは海岸に出るまでの防風林の中の坂道を
夏の時期、坂の先から独特の海風のにおいが感じらえるようなところです。
手前から登り坂を描く事のご参考になる作品だと思います。
 
 
 

 
 
こちらも同じく同じ千葉の犬吠崎周辺での作品で、
こちらは手前の道の少し先から下り坂となり、遠くに海が見える構図です。
作品は油絵でサイズは20号です。
先生は千葉の犬吠崎周辺や、静岡の南伊豆で丘から海の眺めを、現地に長期滞在し、
じっくりと写生をなさいました作品を数多く残しております。
機会がありましたら、又、ご紹介させていただきます。
 
 
 

松岡逸子会員さまのデッサン画

 
みなさま、こんにちは。
日曜日担当講師の稲垣です。
松岡会員さまは、平成29年3月に入会され今回で5回目のデッサンです。
モチーフはピエロの置物です。
 
 
 

 
 
この置物は、長方形の台座の上にピエロが前かがみでポーズをとっているのですが、
このポーズのバランスを正確に描写するのが難しいモチーフです。
更に、モチーフ台と台座とピエロの位置関係を正確に表現しなければなりません。
 
 
 

 
 
松岡会員さまは、入会当時からとても熱心にデッサンに取り組まれ、完成度の高い
作品を描かれてきましたが、今回は形をとる段階から少し苦労されていました。
特に台座の形、ピエロの体の傾きと科をの目線の方向を何度も何度も修正を
重ねられました。
そして、とっても良いデッサンになりました。
モチーフを取り巻く空間も感じられます。
ピエロの衣装の濃い赤色と青色、そして帽子の黒も良く出ています。
顔も似てますね。
本当に頑張られました。
 
 
 

 
制作中の松岡会員さま
 
 
これでまた、デッサン力が向上されたと思います。
次回の作品が楽しみです。
 
 
 

佐伯会員さまのデッサン画作品2点ご紹介

 
こんにちは、水曜日担当の講師の森です。
今回は佐伯会員のデッサンを紹介したいと思います。
 
 

 
 

 
 
カモの剥製とサギの剥製のデッサン二点です。
ご本人さまも鳥が好きだということで、二点連続で挑戦してみました。
佐伯会員は今年の春に入会し、鉛筆デッサンを熱心に学びました。
これらの作品は、その鉛筆デッサンの集大成と呼べる、
高い完成度の作品です。
 
どちらも細かい描写をしっかりおこないつつ、背中に光が当たっていて、
逆にお腹が暗くなっているという、立体感を出すための
陰影表現も怠っていません。
この二つが両立しているために、羽毛がたくさん密集していても、
ちゃんとまとまって見えてきます。
 
特にサギの剥製は、
羽毛が細かくて、ふわふわした質感を描くのが大変なのですが、
根気強く描写を続けて、見事に完成させています。
しかも描くのも早かったです(わずか受講2回分で描き切っています!)。
そして何よりも、顔の描写が秀逸です。
どちらの鳥も正確にデッサンしているだけでなく、
どこか可愛らしく、ちょっとユーモラスな表情をしているのが印象的です。
そういったところに作者の性格や個性が出ている気がします。
鳥の剥製のような難しいモチーフをしっかりと描けるようになると、
かなりデッサン力がついたことになります。
 
佐伯会員はデッサンに一区切りつけて、
現在は初めての油絵に挑戦中です。
今後は絵具を使ってどんな絵ができあがるのか、それも楽しみです。