トップページ

こんにちは。新宿駅南口から徒歩3分のメッツ絵画教室へようこそ。
メッツ絵画教室でアートある暮らし、心豊かな暮らしを始めませんか。
絵画の、デッサン、油絵、水彩画、パステル画など、初めてのあなたでも安心して楽しく描いていただけるよう、
講師が個々のモチーフをあなたの制作ペースに合わせ個別指導で描いていただくのが、メッツ絵画教室です。

 

校長 高岡 徹  一陽会委員・美術家連盟会員

絵画6コースのご紹介

メッツ絵画教室にはデッサン画、油絵画、水彩画・アクリル画、パステル画、水墨画・彩画、人物画の6コースがあります。

デッザン画コース

デッサン画
コース

油彩画コース

油彩画
コース

水彩画コース

水彩画
コース

パステル画コース

パステル画
コース

人物画コース

人物画
コース

詳細はこちらから

自慢の受講システムと良心的な受講料

教室は月曜日から日曜日、週7日、月4週開講しています。
思ったその日から入会、受講が出来ます。受講はご自身の都合に合わせての自由予約制!急な都合での予約キャンセル、振替え受講も可能です。
受講料は月謝制です。絵を描きたいと始めようと思っている方に対し、他と比較していただいても良心的金額と自負しております。 

詳細はこちらから

教室場所

教室は新宿駅南口から356メートル、徒歩3分と通うに便利な場所にあります。

詳細はこちらから

1日体験教室

私でも描けるかなとか、ちょっと描いてみたいなと思っているあなたに1日体験をご用意してあります。一日体験は毎日開催しております。

鉛筆デッサン

鉛筆デッサン

水彩画

水彩画

パステル画

パステル画

会員ギャラリー

会員ギャラリー

詳細はこちらから

会員さま作品や制作風景等教室の雰囲気はこちらからご覧いただけます。

ご覧になるにはこちらから

企画講習スケジュール

7人の講師が通常の受講指導以外に写生会や美術講義、裸婦クロッキーなど
楽しい企画講習会を開催します。

企画講習ブログ記事紹介

>屋外スケッチ会 「真鶴港」を描く(2014年12月03日)

>茶色い画用紙にコンテで手を描こう(2014年4月15日)

>駒場東大スケッチ会(2014年5月28日)

>11月の屋外写生会・パートⅡ(2013年12月7日)

>「鬼子母神神童」屋外写生会(2013年5月15日)

>夏の特別講習会(2012年8月16日) 詳しくはこちら


メッツ銀座絵画教室のご案内

メッツ絵画教室の姉妹教室、メッツ銀座絵画教室は銀座3丁目マロニエ通りに有ります。
銀座教室も宜しくお願いします。

 

メッツ銀座絵画教室はこちらから

2017メッツ絵画教室講師作品展

2017年メッツ絵画教室/メッツ銀座絵画教室で皆さまのご指導に
あたっております高岡校長先生以下10名の講師皆さんの作品展が、
10月30日~11月4日まで、銀座1丁目並木通りの
ギャラリー杉野で開催しました。
多数の会員の皆さまにご観覧頂きありがとうございました。
ご都合がつかず、ご観覧いただけませんでした会員さまにも、
講師の作品をこの場を使用しご紹介させていただきます。
 
 
 

 
題名 「遺蹟」 油彩画
高岡 徹 校長先生作品
 
 
 

 
題名 左「膜」 中「髪を触る」 右「視点」 3点油彩画
永瀬 武志 講師作品
 
 
 

 
題名 左「little landscape」 右「次に来る夜に」 2点日本画
森 聡 講師作品
 
 
 

 
題名 左「眩暈」 右「別れ道」 油彩画
中田 拓法 講師作品
 
 
 

 
題名 左「Silent 2」 右「Silent 3」 2点油彩画
堀込 幸枝 講師作品
 
 
 

 
題名 左 sinistra-nerau- 中 vecchio 右 ritratto 3点油彩画
佐々木 ひろゆき 講師
 
 
 

 
題名 左から「歩」「寄り添う」「悠」「月の灯」4点日本画
谷川 将樹 講師作品
 
 
 

 
題名 左「無題」中「無題」右「無題」 3点油彩画
三津 繁郎 講師作品
 
 
 

 
題名 「入眠のための画学」 水彩画
髙村 健志 講師作品
 
 
 

 
月の夜の対話 日本画

 
Walk All The Way Long 日本画
稲垣 晴子 講師作品(上下2点)
 
 
 

 
題名 左「Sheep Ear」 中「Dandelion」 右「Pipe and Leaf」 3点油彩画
小牟田 真木子 講師作品
 
 
 

西谷会員さまの透明水彩画ご紹介

 
こんにちは。講師の中田です。
今回は西谷会員さまの透明水彩画をご紹介いたします。
 
 
 

 
 
モチーフは大きなガラス瓶の中にコスモスの造花を入れて描いたもの
です。この作品の特徴として、比較的色数を絞り、見えている状態を
丁寧に描き切っていることがあります。
 
様々な色を使った幻想的な作風も綺麗ですが、対象を冷静に観
察して積み上げていくこのような仕事が可能なのは、これまで培って
きた基礎力の賜物でしょう。
また、少し左にずらされた瓶が、その奥にある空間へと視線を導き、
全体として詩情を感じさせてくれます。
これからも新しい要素を取り入れながらも、じっくりと絵と向き合って
いる西谷会員さまの作品を楽しみにしております。
 
 
 

3回続きで描く「人物画」コース

 
こんにちは講師の佐々木です。
今回は人物コースの様子をご紹介します。
 
 
 

 
 
この日は12名の会員さまが参加して下さいました。
今回のモデル内容は西部劇風の衣装を着た日本人男性です。
西部劇に出てきそうな服装で、片手には拳銃を持って椅子に座ってもらいました。
 
 
 

 
 
固定ポーズなのでじっくり観察しながら描く事が出来ますが、最初の数ポーズは、
人体の大きな構造がしっかり把握できるように、細かいディテールは描き込まないように進めるのが鉄則です。
 
 
 

 
 
このモデル内容は3カ月連続で行いますので、途中だけ参加して描く事も出来ますし、
最大6時間かけて一枚を仕上げるのでも良いです。
なので、使う画材も鉛筆や木炭に限らず、水彩や油絵の具等もお薦めです。
 
 
 

 
 
人物を描いた事が無い方や、デッサンを始めたばかりの方も、もちろん参加していただけますので、お気軽にご参加下さい。
詳しくは講師、事務局までお問い合わせください。