トップページ

こんにちは。新宿駅南口から徒歩3分のメッツ絵画教室へようこそ。
メッツ絵画教室でアートある暮らし、心豊かな暮らしを始めませんか。
絵画の、デッサン、油絵、水彩画、パステル画など、初めてのあなたでも安心して楽しく描いていただけるよう、
講師が個々のモチーフをあなたの制作ペースに合わせ個別指導で描いていただくのが、メッツ絵画教室です。

 

校長 高岡 徹  一陽会委員・美術家連盟会員

絵画6コースのご紹介

メッツ絵画教室にはデッサン画、油絵画、水彩画・アクリル画、パステル画、水墨画・彩画、人物画の6コースがあります。

デッザン画コース

デッサン画
コース

油彩画コース

油彩画
コース

水彩画コース

水彩画
コース

パステル画コース

パステル画
コース

人物画コース

人物画
コース

詳細はこちらから

メッツ絵画教室 新着情報

自慢の受講システムと良心的な受講料

教室は月曜日から日曜日、週7日、月4週開講しています。
思ったその日から入会、受講が出来ます。受講はご自身の都合に合わせての自由予約制!急な都合での予約キャンセル、振替え受講も可能です。
受講料は月謝制です。絵を描きたいと始めようと思っている方に対し、他と比較していただいても良心的金額と自負しております。 

詳細はこちらから

教室場所

教室は新宿駅南口から356メートル、徒歩3分と通うに便利な場所にあります。

詳細はこちらから

1日体験教室

私でも描けるかなとか、ちょっと描いてみたいなと思っているあなたに1日体験をご用意してあります。一日体験は毎日開催しております。

鉛筆デッサン

鉛筆デッサン

水彩画

水彩画

パステル画

パステル画

会員ギャラリー

会員ギャラリー

詳細はこちらから

会員さま作品や制作風景等教室の雰囲気はこちらからご覧いただけます。

ご覧になるにはこちらから

企画講習スケジュール

7人の講師が通常の受講指導以外に写生会や美術講義、裸婦クロッキーなど
楽しい企画講習会を開催します。

企画講習ブログ記事紹介

>屋外スケッチ会 「真鶴港」を描く(2014年12月03日)

>茶色い画用紙にコンテで手を描こう(2014年4月15日)

>駒場東大スケッチ会(2014年5月28日)

>11月の屋外写生会・パートⅡ(2013年12月7日)

>「鬼子母神神童」屋外写生会(2013年5月15日)

>夏の特別講習会(2012年8月16日) 詳しくはこちら


メッツ銀座絵画教室のご案内

メッツ絵画教室の姉妹教室、メッツ銀座絵画教室は銀座3丁目マロニエ通りに有ります。
銀座教室も宜しくお願いします。

 

メッツ銀座絵画教室はこちらから

渡辺紫乃会員さまのパステル画

みな様こんにちは。メッツ絵画教室日曜を担当しております講師の稲垣です。
今回は渡辺紫乃会員さまのパステル画をご紹介します。渡辺会員さまは
平成15年にメッツ絵画教室に入会され、デッサンをコッコッと続けられ、
その後パステル画も制作されるようになられました。
 
今回の作品はパステル画作品の12作め、モチーフは薄緑の布に黒い目ざまし
時計と古本とレモンです。
 
 
 

 
 
黒い目ざまし時計は金属製のメタリックな質感が印象的です。又、古本は
朱色かかった赤い表紙が美しいです。渡辺会員さまは特に黒い時計に
心惹かれモチーフに選ばれました。制作回数は3回で完成しました。
パステルは発色が美しい画材ですが、暗い色、濃い色を出すのに
難しい点があります。
 
この作品でも渡辺会員さまは黒い目ざまし時計の色を出すのに苦労
されました。又、文字盤の描写も難しく感じられるようでした。しかし、
時間を掛けて取組み全体的に色の美しい作品となりました。青緑の布の
色も美しいですね。古本の朱色も鮮やかながら、深い味わいのある色に
なっています。少づつ渡辺会員さまの色が出来つつあるように思います。
この調子でパステル画制作を続けられるといいですね。
 
次回作が楽しみです。
 
 
 

高橋会員さまの作品

こんにちは。メッツ絵画教室の水曜日・木曜日の午後・
夜間を担当している、講師の中田です。
今回は高橋会員さまの油彩をご紹介いたします。
高橋会員さまは高校生であり、これから美術大学の
受験にむけて本格的な対策に入られるとのことです。
実際に受験対策となると一枚の絵をじっくりと長時間
かけて描く機会は少なくなります。
しかし、美術大学に入ってから非常に大切になって
くるのが、時間制限やお題が設定されていない
自由な状態で、どこまで一枚の絵を詰めて描くことが
できるのかという部分なのだと思います。
そのような部分でメッツ絵画教室で学んだことが
生きてくることを願っています。
 
 
 

制作風景
 
 
 

作品
 
 
 
全体的に白いモチーフばかりですが、それぞれ質感が
異なります。このような設定の場合、ある程度の描写
では全体が同じような色調になり、弱い絵になって
しまいます。しかしこの作品では、個別のモーフの質感
の差が出るまでじっくりと描きこむことで、色の差は
あまりないにもかかわらず、とても強い存在感を獲得
できています。
今後も忍耐強く、じっくり制作できるという部分を
大切に頑張ってください。
 
 
 

甲田会員さまの油彩画ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。今回は甲田会員の油絵を紹介します。
 
 
 

 
 
この作品は合計23回の受講、約57時間半で完成した大作です。
これはモチーフの水差しに挿したお花と手前の植物を実際に見ながら、
甲田会員の部屋にある棚の写真と、
飼われているインコの写真を組み合わせる形で描かれています。
 
それぞれ違う条件の組合せですが、まるで全てそこにあったかのように
自然に描けていますね。それだけでなく画面の外の続きが感じられる、
広がりのある作品になっています。
背景に描いた額縁に映り込んでいる光の様子や、
棚の上の陰の様子から、この場所の左側には窓があって、
そこから外の光が差し込んできているのではないかと想像できますね。
 
この作品のように実際のモチーフと写真を組み合わせて、
現実にはない風景を描くというのは、絵画ならではの醍醐味ですね。
 
甲田会員の次回作がとても楽しみです。