トップページ

こんにちは。新宿駅南口から徒歩3分のメッツ絵画教室へようこそ。
メッツ絵画教室でアートある暮らし、心豊かな暮らしを始めませんか。
絵画の、デッサン、油絵、水彩画、パステル画など、初めてのあなたでも安心して楽しく描いていただけるよう、
講師が個々のモチーフをあなたの制作ペースに合わせ個別指導で描いていただくのが、メッツ絵画教室です。

 

校長 高岡 徹  一陽会委員・美術家連盟会員

絵画6コースのご紹介

メッツ絵画教室にはデッサン画、油絵画、水彩画・アクリル画、パステル画、水墨画・彩画、人物画の6コースがあります。

デッザン画コース

デッサン画
コース

油彩画コース

油彩画
コース

水彩画コース

水彩画
コース

パステル画コース

パステル画
コース

人物画コース

人物画
コース

詳細はこちらから

自慢の受講システムと良心的な受講料

教室は月曜日から日曜日、週7日、月4週開講しています。
思ったその日から入会、受講が出来ます。受講はご自身の都合に合わせての自由予約制!急な都合での予約キャンセル、振替え受講も可能です。
受講料は月謝制です。絵を描きたいと始めようと思っている方に対し、他と比較していただいても良心的金額と自負しております。 

詳細はこちらから

教室場所

教室は新宿駅南口から356メートル、徒歩3分と通うに便利な場所にあります。

詳細はこちらから

1日体験教室

私でも描けるかなとか、ちょっと描いてみたいなと思っているあなたに1日体験をご用意してあります。一日体験は毎日開催しております。

鉛筆デッサン

鉛筆デッサン

水彩画

水彩画

パステル画

パステル画

会員ギャラリー

会員ギャラリー

詳細はこちらから

会員さま作品や制作風景等教室の雰囲気はこちらからご覧いただけます。

ご覧になるにはこちらから

企画講習スケジュール

7人の講師が通常の受講指導以外に写生会や美術講義、裸婦クロッキーなど
楽しい企画講習会を開催します。

企画講習ブログ記事紹介

>屋外スケッチ会 「真鶴港」を描く(2014年12月03日)

>茶色い画用紙にコンテで手を描こう(2014年4月15日)

>駒場東大スケッチ会(2014年5月28日)

>11月の屋外写生会・パートⅡ(2013年12月7日)

>「鬼子母神神童」屋外写生会(2013年5月15日)

>夏の特別講習会(2012年8月16日) 詳しくはこちら


メッツ銀座絵画教室のご案内

メッツ絵画教室の姉妹教室、メッツ銀座絵画教室は銀座3丁目マロニエ通りに有ります。
銀座教室も宜しくお願いします。

 

メッツ銀座絵画教室はこちらから

青井会員さまの「小澤征爾氏の肖像画」

こんにちは、メッツ絵画教室土曜日を担当しています講師の堀込です。
今回ご紹介する作品は青井会員さまが、昔からファンの小澤征爾指揮
者を「鉛筆と水彩」で描いた力作です。
作品からは人物への愛と誠実さが伝わってきます。
とても繊細なトーンで描かれたデッサンは、柔らかな表情が上手に表現さ
れおり、優しさが奥からにじみ出てくるような瞳が、より強調されて、印象
深い肖像画になりました。
 
 
 

 
水彩はセピア調にしたことで違う味わいが出ました。
デッサンよりもコントラストを強めガッシュのホワイトで特徴的な髪型を丁
寧に描写したので、表情だけでなく画面全体を楽しめる作品になってい
ます。
 
 
 

 
肖像画は顔のパーツの形や位置画少し違うだけで、全くに似ていなくな
ってしまうので、常に間違いを探しているような制作になります。
顔以外にも、その人が持つ雰囲気が画面に表れるようになるまで、陰影
の入れ方などを工夫しながら本人に近づけてけていく、大変な作業で作
業です。
青井会員さまは、そんな制作を2つもしたので、すごいエネルギーだったと
思います。現在の青井会員さまは、マスキング液を使った表現を勉強中
で、ますます作品クオリティが上がっています。
新作が楽しみです。

宮越会員さまの「色鉛筆作品」

こんにちは、水曜日と土曜日担当の講師の森です。
今回は宮越会員の絵を紹介します。
 
 
 

 
 
この作品は、写真家の荒木経惟氏の展示を見に行ったときに感銘を受け、そこから
沸き起こったインスピレーションをもとして教室のモチーフをいくつか組み合わせて制作
しました。
 
使っている画材は色鉛筆です。
 
制作されている現場はこんな様子でした。
 
 
 

 
 
実際のモチーフだけでなく、自分で用意した資料を参照しながら描いています。
また、この完成作品にいたるまで何度もエスキース(下書きのスケッチ)をしており、
自分の持っているイメージを徐々に具体化させていきました。そうした成果として、多
くのモチーフを描きながらも構図がまとまっていて、自分の表現したいものがはっきり分
かる画面になっています。
 
色調も、最近の荒木氏のセンチメンタルな写真から影響を受けつつも、各モチーフが
同一の空間に存在するように明暗を工夫したり、奥行きをつくったりと細部までこだ
わって色を塗り重ねています。最後に気持ち良くまとまってよかったです!
 
漠然としたイメージを絵にしてみたい、なんて考えていらっしゃる方も、こういった方法で
制作してみてはいかがでしょうか。
 
 
 

労会員さまのデッサン画ご紹介

こんにちは、みなさん。
メッツ絵画教室日曜日担当講師の稲垣です。
きょうは、労会員さまのデッサンをご紹介いたします。
労会員さまは、メッツ絵画教室に入会されて以来デッサンの勉強を続けておられ、
今回で4枚目の作品となります。今回のモチーフは、ステンレスのカップとビー玉2個です。
このステンレスカップは、シンプルな形状で菅、厚みのあるずっしりした重みも有ります。
又、注ぎ口の形を正確に捉えるのも少々難しいモチーフです。
 
 
 

 
 
労会員さまは、丁寧に形をとり熱心に描写を進めていかれました。形をとり終わり、調
子を付けていく過程で、ステンレスの胴体部分に立体感と映り込みを表現することに
より、どうしても角ばった描写になってしまいました。そこから、労会員さまは円柱の側面
のツルっとした形状を表現する為に、既存の描写を消し、再度、描き直しされました。
そして、気持ちの限界まで頑張って描き込みされました。結果、とても良いデッサンが
完成したと思います。
労会員さまの頑張りがにじみ出ていて、なおかっ自然で美しい作品です。
本当にお疲れ様でした。
 
次回作も楽しみです。
 
 
 

 
制作中の労会員さま