セザンヌ・ゼミ開催間近!



メッツ絵画教室の小屋です。いよいよ、セザンヌゼミの開催が近づいて参りましたが、それに先立って制作された丸山会員と大澤会員のセザンヌ風絵画(油彩)をご紹介します。

こちらは丸山会員の作品です。重厚な油絵具の厚みとタッチがセザンヌ的ですね。全体的にウルトラマリンを上手く使って量感を表現しています。


西洋梨もお皿も布も、ある程度均一なタッチが入っています。そのタッチが見る物に統一感を与えます。赤の使い方も大胆です。


リンゴとキーウィも、同じような丸い形の果物ですがその特徴を捉えながらセザンヌ的に表現しました。リンゴのハイライトも効いています。サインも良いアクセントになっていますね。


大澤会員の描かれたセザンヌ風肖像画です。ブルーとイエローを主に使って人物を表現しました。人物とバックに入っているタッチに空間的な方向性があるので、深みのある作品になりました。

髪の毛の色も綺麗ですね。

さあ、あなたもセザンヌの絵画にトライしてみよう!