「第56回 北区美術展」に取材に行ってきました


メッツ絵画教室の小屋です。
11月4日まで丸山会員が新作を出品中の「第56回 北区美術展」に取材に行ってまいりました。本日はそのレポートをお送りします!

こちらが丸山会員の新作油彩 「拮抗-調和」 F12号です。素材はキャンバスに油彩・コラージュです。メッツのモチーフを多く使い、自由なイメージで再構成した作品です。主に人工物(電話、時計、ビーカー、おたま、スコップ、歯車など)と自然物(ヒトデ、白樺の木、流木、松ぼっくり、竹など)を相対するように使っているのが特徴ですね。随所にキュビスムの表現も使われています。色彩のバランス、絵具の表情もとてもよく、迫力のある作品に仕上がっています。


このような感じで展示されています。額も、画面と相性の良い、フラットで艶消しの黒いものを探してきました。よく合っています。



会場風景です。丸山会員の作品はこの展覧会の核となる絵だと思います。


「第56回 北区美術展」は 北とぴあ 地下展示ホール(北区王子1-11-1  JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分・東京メトロ南北線王子駅5番出口徒歩2分)で11月4日まで開催中!!(10:00-19:00 最終日は17: 00まで)お時間のある方は是非ご覧下さいね。