「会員同士をクロッキーで描く」特別講習


火曜日の昼クラスを使用し、会員同士がモデルとなってクロッキーで描く特別講習を8名の会員さんで行いました。
指導は火曜日指導担当の江口講師です。

講習の冒頭、江口講師から人物クロッキーの描き方に対し、留意事項の説明が有りました。
説明の中で、特に今回はクロッキー帳にコンテを使用しての描写なので、腕を使って人物の大きな作り、骨格等をとらえていき、重心や関節の向きにポイントをおきながら線を使用し描いていくことなどの要点を説明、その後、実際に江口講師自身が会員さんのモデルを丁寧に描いて見せ、分かりやすく実践してくれました。

参加の会員さんはクロッキーで描く事、モデルになるという事は多くがはじめての体験でした。
皆さんそれぞれが考えた10分ポーズ、とても素晴らしいポーズでした。

初めは戸惑いもありましたが、慣れるにつれ10分間のポーズを注意深く観察し一気にコンテを走らせ線を描くようになりました。

参加会員全員が一通りモデルとしてポーズをとって終了それぞれの作品の講評に移りました。


参加会員さんのクロッキーで描いた感想を聞いてみました。

岡野会員 談
初めてのクロッキーでしたが楽しかったです。
全体のバランス、洋服で隠れた身体の線等、とても難しくはありましたが何枚か描いているうちに、自分なりに少しわかってきたような気がしました。
基本が出来ないと上手にはなれないものだと、改めて自覚しました。

宮崎 会員 談
ヌードクロッキーは何度もあるのですが、コスチュームは初めてで服にばかり目が行ってしまって、動きを捉えるのが大変に難しかったです。

宮越 会員 談
皆が交替でモデルをする新鮮な感じがとてもよかったと思います。
10分という短い時間でモデルの特徴を捉えるのは難しかったけどいい経験になりました。
クロッキーは短距離走のようで、瞬時に物を捉える力が鍛えられそうな気がしました。

山本 会員 談
絵の奥の深さを感じ取る事の出来た時間でした。

残間 会員 談
10分間ジィッと見つめて今まで気が付かなかった人間の体の特徴が再発見され新鮮な気持ちになりました。
とても楽しく、又、是非やりたいと思います。

川合 会員 談
初めての経験でどうなるか不安でしたが、2、3枚目から要領もわかってきて面白くなりました。

江口講師より
皆さん大変に熱心にモデルを務めてくださいました。
描くほうの皆さんも普段一緒に仲良く描いていている仲間が真剣にポーズをとって下さるので、しっかり描こうとの熱気が感じられとても充実した講習会となったと思います。
又、時期を見て会員同士のクロッキーを描く講習を開こうと思います。